風害の基準とは

 風環境について議論するときに、風によって生じた変化が「風害」なのか否か疑問になる時があります。

そこで風害の定義、基準となるものを探ってみました。すると下図のように3つの分類が考えられます。

風害の基準の3分類

  1. 災害時の建物被害認定基準
    台風や突風によって建物が損壊した場合に、その被害を認定する基準です。災害時の基準ですので相当な被害の大きさとなり、風害現象として理解しやすいものです。ただし、あくまでも災害によるものであって、周辺の高層ビルなどとの関係(ビル風か否か)はわかりません。
  2. 国土交通省が定めた道路構造物に関する風害基準
    道路建設では道路だけでなく周辺の施設も合わせて設計監理するため、道路に不可欠な換気塔なども含まれます。道路換気塔は高層ビルに近似した構造物であり、その構造物による風環境影響の評価項目が「風害」として定められています。このほかにも環境省が定める環境影響評価にも「風害」はありますが、飛行場など特に大規模な施設が対象であるためここでは除外します。
  3. 風環境で紛争になった場合の風害の予測および事後検証
    風害についてマンションディベロッパーと近隣住民らが紛争になった場合には、建物の損害だけでなく、歩行者環境や日常の生活環境への影響まで含まれる場合があります。この場合、実際にそれら日常生活への影響を評価するのではなく、風環境評価を行って、風環境の変化を判定します。この風環境評価の尺度としては、村上法と風工学研究所の方法の2つの方法が用いられています。
▲このページのトップに戻る