広域地図情報データ(GIS)を用いてモデル化しますので、街区のすべての建物を反映して、実際の街に近い風が高精度に検証できます。

 当社では広域の地図情報データ(GIS)を用いてモデル化しますので、街区のすべての建物を反映しております。この、地図情報データ(GIS)とはゼンリンの住宅地図と同じ平面図のデータと建物階数のデータです。当社ではこの地図データについて、日本全国の地図を用意しております。このため、コンピューターシミュレーションでは、解析領域の末端まで、実際の街の建物データが入っており、実際の街に近い風が高精度に検証できます。

 下の図は東京都内のある地域の地図ですが、同じ場所の建物データはその下の図になります。

地図

図−1 国土地理院地図(東京都内)

東京都内の建物データ

図−2 当社のコンピュータ・シミュレーションで地図データに建物データを加えた場合

 

 一方、一般的な他社例では、下図のように均一形状の立方体の建物を等間隔に配置して簡易的にモデル化されている場合が多いようです。このように周辺領域の建物を、実際の建物に合わせないで簡易にモデル化してしまうと、現実の風とは差が出てきてしまうことが予想されます。このようなことがないように、コンピュータ・シミュレーションのモデルの端部まで、すべて実際の建物となるように、当社では計算領域内をくまなく地図データで建物を作成するようにしています。

tasha_model1.jpg (398×306) tasha_model1.jpg (398×306)

図−3 一般的なモデル例1       図− 一般的なモデル例2

(図−3、4は「ビル風の基礎知識」P50,P158より)

▲このページのトップに戻る