大阪の建物の風環境評価 コンピューター・シミュレーション結果 南東向き建物

間口が南東向き(南面から+45°)の場合


建物の方角は間口(一般的にはマンションのベランダのある面)が南東向き、すなわち南面から反時計回りに+45°回転した場合です。

建設地は大阪の場合です。

評価結果の見方(凡例)

一般的に、ランク1〜ランク2住宅地の風環境として認められています。
一方、ランク3はビル街の風環境であるため、総合設計などでは建設前にランク2であった場所が建設後にランク3となった場合は、対策・改善を指導されます。
ランク4は好ましくない風環境であり、いずれの地域でも許容されません。

murakami_ho.jpg (692×378)

 

村上法の基準についてはこちらでも詳しく説明しています。>

下図の表示エリアの大きさは、縦200m×横200mで、評価高さは1.5mです。
周辺の建物は、間口10m×奥行き10m×高さ10mで等間隔です。
評価建物は図の中心にあります。

高さ15m (5F) 建物の風環境評価 南東向き

 建物高さが15m (5階建て)でランク3以上となる(要対策)範囲を確認してみましょう。幅15m、奥行15mの建物ではランク3以上の範囲は建物の数倍程度の大きさです。大阪の風向別発生頻度が西〜南西において高いことから、ランク3以上の範囲は建物の南側、北側に発生します。

 15×30mより大きい建物では、その大きさは急激に大きくなり、しかもランク4の範囲も生じるため、対策が不可欠なものとなります。


 

幅15m、奥行15m
高さ15m(5階建) 建物の風環境評価、幅15m×奥行15m 南東向き 


幅30m、奥行15m
高さ15m(5階建) 建物の風環境評価、幅30m×奥行15m 南東向き  


幅45m、奥行15m
高さ15m(5階建) 建物の風環境評価、幅45m×奥行15m 南東向き  

幅30m、奥行30m
高さ15m(5階建) 建物の風環境評価、幅30m×奥行30m 南東向き  


幅45m、奥行30m
高さ15m(5階建) 建物の風環境評価、幅30m×奥行45m 南東向き  

高さ30m (10F) 建物の風環境評価 南東向き

 建物の高さ30mランク3以上となる(要対策)範囲を確認してみましょう。幅15m、奥行15mの建物ではランク3以上の範囲は建物の数倍程度の大きさです。大阪の風向別発生頻度が西〜南西において高いことから、ランク3以上の範囲は建物の南側、北側に発生します。

 15×30mより大きい建物では、その大きさは急激に大きくなり、しかもランク4の範囲も生じるため、対策が不可欠なものとなります。


 

幅15m、奥行15m
高さ30m (10F) 建物の風環境評価、幅15m×奥行15m 南東向き 


幅30m、奥行15m
高さ30m(10階建) 建物の風環境評価、幅30m×奥行15m 南東向き  


幅45m、奥行15m
高さ高さ30m (10F) 建物の風環境評価、幅45m×奥行15m 南東向き  

幅30m、奥行30m
高さ30m (10F) 建物の風環境評価、幅30m×奥行30m 南東向き  


幅45m、奥行30m
高さ30m(10F) 建物の風環境評価、幅30m×奥行45m 南東向き  

高さ45m (15F) 建物の風環境評価 南東向き

 建物の高さ45m(15F)ランク3以上となる(要対策)範囲を確認してみましょう。幅15m、奥行15mの建物ではランク3以上の範囲は建物の5、6倍程度の大きさです。大阪の風向別発生頻度が西〜南西において高いことから、ランク3以上の範囲は建物の南側、北側に発生します。

 15×30mより大きい建物では、その大きさは急激に大きくなり、しかもランク4の範囲も生じるため、対策が不可欠なものとなります。


幅15m、奥行15m

高さ45m(15F) 建物の風環境評価、幅15m×奥行15m 南東向き


幅30m、奥行15m
高さ45m(15F) 建物の風環境評価、幅30m×奥行15m 南東向き  


幅45m、奥行15m
高さ45m(15F) 建物の風環境評価、幅45m×奥行15m 南東向き  

幅30m、奥行30m
高さ45m(15F) 建物の風環境評価、幅30m×奥行30m 南東向き  


幅45m、奥行30m
高さ45m(15F) 建物の風環境評価、幅30m×奥行45m 南東向き  

高さ60m (20F) 建物の風環境評価 南東向き

 建物の高さ60m(20F)ランク3以上となる(要対策)範囲を確認してみましょう。幅15m、奥行15mの建物ではランク3以上の範囲は建物の5、6倍程度の大きさです。大阪の風向別発生頻度が西〜南西において高いことから、ランク3以上の範囲は建物の南側、北側に発生します。

 15×30mより大きい建物では、その大きさは急激に大きくなり、しかもランク4の範囲も生じるため、対策が不可欠なものとなります。


幅15m、奥行15m

高さ60m(20F) 建物の風環境評価、幅15m×奥行15m 南東向き 


幅30m、奥行15m
高さ60m(20F) 建物の風環境評価、幅30m×奥行15m 南東向き  


幅45m、奥行15m
高さ60m(20F) 建物の風環境評価、幅45m×奥行15m 南東向き  

幅30m、奥行30m
高さ60m(20F) 建物の風環境評価、幅30m×奥行30m 南東向き  


幅30m、奥行45m
高さ60m(20F) 建物の風環境評価、幅30m×奥行45m 南東向き 

高さ75m (25F) 建物の風環境評価 南東向き

 建物の高さ75m(25F)でランク3以上となる(要対策)範囲を確認してみましょう。幅15m、奥行15mの建物でもランク3以上の範囲は周辺空地のほとんど範囲を占めるようになります。大阪の風向別発生頻度が西〜南西において高いことから、ランク3以上の範囲は建物の南側、北側に発生します。

 15×30mより大きい建物では、その大きさは急激に大きくなり、しかもランク4の範囲も生じるため、対策が不可欠なものとなります。


 

幅15m、奥行15m
高さ75m(25F) 建物の風環境評価、幅15m×奥行15m 南東向き 


幅30m、奥行15m
高さ75m(25F) 建物の風環境評価、幅30m×奥行15m 南東向き  


幅45m、奥行15m
高さ75m(25F) 建物の風環境評価、幅45m×奥行15m 南東向き  

幅30m、奥行30m
高さ75m(25F) 建物の風環境評価、幅30m×奥行30m 南東向き  


幅45m、奥行30m
高さ75m(25F) 建物の風環境評価、幅30m×奥行45m 南東向き  

▲このページのトップに戻る