福岡の建物の風環境評価 コンピューター・シミュレーション結果 東向き建物

間口が東向き(南面から+90°)の場合


評価結果の見方(凡例)

一般的に、ランク1〜ランク2は住宅地の風環境として認められています。
一方、ランク3はビル街の風環境であるため、総合設計などでは建設前にランク2であった場所が建設後にランク3となった場合は、対策・改善を指導されます。
ランク4は好ましくない風環境であり、いずれの地域でも許容されません。

murakami_ho.jpg (692×378)

 

村上法の基準についてはこちらでも詳しく説明しています。>

下図の表示エリアの大きさは、縦200m×横200mです。
評価建物は中心にあります。

高さ15m (5F) 建物の風環境評価 東向き 福岡

 建物高さが15m (5階建て)ではランク2どまりでランク3となる範囲はありません。福岡の風向別発生頻度が北、北北西において高いことから、ランク2以上の範囲は建物の東西の角に発生します。


幅15m、奥行15m


高さ15m(5階建) 建物の風環境評価、幅15m×奥行15m 東向き 


幅30m、奥行15m
高さ15m(5階建) 建物の風環境評価、幅30m×奥行15m 東向き  


幅45m、奥行15m
高さ15m(5階建) 建物の風環境評価、幅45m×奥行15m 東向き  

幅30m、奥行30m
高さ15m(5階建) 建物の風環境評価、幅30m×奥行30m 東向き  


幅45m、奥行30m
高さ15m(5階建) 建物の風環境評価、幅30m×奥行45m 東向き  

高さ30m (10F) 建物の風環境評価 東向き 福岡

 建物高さが30m (10階建て)でランク3以上となる範囲(要対策領域と呼びます)を確認してみましょう。その大きさは大規模建物の場合に、建物角に、わずかに発生する程度です。福岡の風向別発生頻度が北、北北西において高いことから、ランク2以上の範囲は建物の東西の角に発生します。


 幅15m、奥行15m


高さ30m (10F) 建物の風環境評価、幅15m×奥行15m 東向き 


幅30m、奥行15m
高さ30m(10階建) 建物の風環境評価、幅30m×奥行15m 東向き  


幅45m、奥行15m
高さ高さ30m (10F) 建物の風環境評価、幅45m×奥行15m 東向き  

幅30m、奥行30m
高さ30m (10F) 建物の風環境評価、幅30m×奥行30m 東向き  


幅45m、奥行30m
高さ30m(10F) 建物の風環境評価、幅30m×奥行45m 東向き  

高さ45m (15F) 建物の風環境評価 東向き 福岡

 建物高さが45m (15階建て)でランク3以上となる範囲(要対策領域と呼びます)を確認してみましょう。一規模が大きくなりますと無視できない程度の要対策領域が発生します。福岡の風向別発生頻度が北、北北西において高いことから、ランク2以上の範囲は建物の東西の角に発生します。


幅15m、奥行15m

高さ45m(15F) 建物の風環境評価、幅15m×奥行15m 東向き


幅30m、奥行15m
高さ45m(15F) 建物の風環境評価、幅30m×奥行15m 東向き  


幅45m、奥行15m
高さ45m(15F) 建物の風環境評価、幅45m×奥行15m 東向き  

幅30m、奥行30m
高さ45m(15F) 建物の風環境評価、幅30m×奥行30m 東向き  


幅45m、奥行30m
高さ45m(15F) 建物の風環境評価、幅30m×奥行45m 東向き  

高さ60m (20F) 建物の風環境評価 東向き 福岡

 建物の高さ60m(20F)でランク3以上となる範囲(要対策領域と呼びます)を確認してみましょう。一規模が大きくなりますと無視できない程度の要対策領域が発生します。福岡の風向別発生頻度が北、北北西において高いことから、ランク2以上の範囲は建物の東西の角に発生します。建物が南北に長いので、真南に向いた建物よりは要対策領域は小さいです。


幅15m、奥行15m


高さ60m(20F) 建物の風環境評価、幅15m×奥行15m 東向き 


幅30m、奥行15m
高さ60m(20F) 建物の風環境評価、幅30m×奥行15m 東向き  


幅45m、奥行15m
高さ60m(20F) 建物の風環境評価、幅45m×奥行15m 東向き  

幅30m、奥行30m
高さ60m(20F) 建物の風環境評価、幅30m×奥行30m 東向き  


幅30m、奥行45m
高さ60m(20F) 建物の風環境評価、幅30m×奥行45m 東向き  

高さ75m (25F) 建物の風環境評価 東向き 福岡

 建物の高さ75m(25F)ではランク3以上の範囲は必ず発生し、ランク4もわずかに見受けられます。福岡の風向別発生頻度が北、北北西において高いことから、ランク2以上の範囲は建物の東西の角に発生します。まずは建物形状での対策が望まれます。また、建物周辺の空地では、ほとんど全域に近い範囲で樹木のほか防風フェンス等を設置しなければなりません。


幅15m、奥行15m


高さ75m(25F) 建物の風環境評価、幅15m×奥行15m 東向き 


幅30m、奥行15m
高さ75m(25F) 建物の風環境評価、幅30m×奥行15m 東向き  


幅45m、奥行15m
高さ75m(25F) 建物の風環境評価、幅45m×奥行15m 東向き  

幅30m、奥行30m
高さ75m(25F) 建物の風環境評価、幅30m×奥行30m 東向き  


幅45m、奥行30m
高さ75m(25F) 建物の風環境評価、幅30m×奥行45m 東向き  

▲このページのトップに戻る